悪魔の物語

『悪魔の物語』(「兵士の物語」より)にキャスト、振付家追加!

Pocket
LINEで送る

ユーリ・ン振付『悪魔の物語』(「兵士の物語」より)は、新たに二人のアーティストを迎え入れる運びとなりました。

Giovanni_BW
▶ジョヴァンニ・デ・パルマ

ストラヴィンスキー・トリプル・ビルの他2作品の振付指導のために来日致しますが、『悪魔の物語』にも出演して頂けることとなりました。ウヴェ・ショルツが彼のために作品を生み出したように、その振付家を魅了しつづける才能は、現在も色褪せるどころか益々大きく花開くことでしょう。指導のために来日を続けていたジョヴァンニが舞台上でどのようなパフォーマンスを展開してくれるのか?新たな期待が高まります。
春の祭典で使用している写真は、ジョヴァンニ本人ですヨ。

_RAD4491

▶江上 悠(香港バレエ団)
ユーリ・ンと香港で作品制作に関わっている江上悠が、『悪魔の物語』のリ・クリエイションを担当します。2004年のユーリ・ン作品を元に、ユーリ自身が監修し、演出をしながら、東京に来て具体的な振付を生み出し、ダンサーに渡していくのは、江上悠となります。
この新しいスタイルのクリエイションがどのように作用していくのか? このブログでも、リハーサルの模様など、お伝えしてまいります。

どうぞお楽しみに!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *